Read Article

[教育] 小中一貫校 2016年に国が制度化へ


文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」は31日、小中一貫教育についての議論をとりまとめた。学年の区切りを自由に設定できる「小中一貫教育学校(仮称)」と、別々の小学校と中学校が統一したカリキュラムで学ぶ「小中一貫型小・中学校(仮称)」を制度化する。いずれも市区町村教育委員会の判断で設置できるようにする。

引用元 MSNニュース

10月31日、文部科学省の中央教育審議会で小中一貫教育について議論がまとめられた。
2016年に制度化を目指し、文科省は来年の通常国会に改正案を提出する意向を示している。

今までも小中一貫校制度化へ動きがあったが、小中学校での教員免許の違いなどの問題で見送られてきた。
制度化へ向けてそれらの課題を、どうクリア、改正するのか気になるところである。


ロジムラボの小中一貫教育についての記事はこちら1101

文科省はこれを受け、学校教育法などの改正案を来年の通常国会に提出する。最速で2016年度の開校をめざす。単線型の「6・3」制だった戦後の義務教育が大きく転換する。

引用元 MSNニュース


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top