Read Article

知ってほしい 子供をほめる方法 


kids600_44050m走で20秒かかってしまう子が10秒で走れるふりをすることは出来ませんが、算数の授業を理解出来ない生徒が理解しているふりをすることは可能です。自分の理想の姿を見せなくてはいけないという強迫観念が自己研鑽へのモチベーションを上回ってしまっている状況。私の経験では成長を妨げる一番の要因です。

 

「よく出来たね」という「結果」の評価を受け続けてきた子供が突如分からなくなると、今までいけないものだと考えていた「出来ない」という状況を受け入れられないのです。特に幼稚園〜低学年時の「優秀」は単に早熟でしたということが少なくないので、優秀であるために何をすべきかについては身についていないことが多いですし、保護者の方も「急に出来なくなった」とパニックに陥って子供に厳しい言葉を投げかけがち。それが萎縮を生むという悪循環です。

 

「よく努力した。」「間違えた問題は宝物」
わざとらしいほどに出来ないことに立ち向かう「姿勢」を評価して動機付けしてあげましょう。授業中に「先生、そこ分からないんですけど」と手を挙げる生徒は必ず抜け出ていくものです。

ロジムラボの新着記事をメール配信 / 役立ち情報をお見逃しなく!


 

フェイスブックをご利用の方は「いいね!」でロジムラボの最新記事を受け取れます


The following two tabs change content below.
karino

karino

東京大学卒業後、大手人事・経営コンサルティング会社で社会人向けのロジカルシンキング研修、指導を担当。その中で、英語教育などと同様小さい頃から考え方の基礎に親しむ必要性を痛感し、2004年に退社、ロジムを設立。現在、都内3教室で小学生を対象に、教科授業と並行してロジカルシンキングの初歩をかみ砕いて指導。
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top