Read Article

[時事] 社会 4-6月 GDP年率でマイナス6.8%


13日、内閣府は4-6月期のGDPの速報値を発表しました。前期(1月-3月)に比べると1.7%減、年率換算(その期間を1年分に直したとする値)は6.8%のマイナスとなりました。

1-3月は年率換算でプラス6.1%。4月の消費増税前の駆け込み需要の反動が影響とのことです。自動車、家電、住宅投資また企業の設備投資分野に大きく反動が出ました。

 内閣府が13日発表した4―6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス1.7%、年率換算マイナス6.8%となり、東日本大震災のあった2011年1─3月期以来の大幅な落ち込みとなった。
(ロイター 13日)

実質経済成長率の推移 - 日本経済のネタ帳
(グラフ 日本経済のネタ帳 より引用 )

近年のGDP成長率の推移。経済ネタは小学生は興味を持ちにくいかもしれませんが、「あの時こんなことがあったからだ」とニュースや出来事と結びつけると、実際起きたことが日本全体に影響するということが実感できます。

 


The following two tabs change content below.

lojim lab

ロジムラボの執筆チームです。調べ物やデータ公開系の共同執筆をしています。
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top